英語耳と日本語

英語耳とか日本語耳という言葉を
聞いたことがあると思います。



英語、日本語それぞれを周波数を
横軸に取って比較すると、使って
いる周波数帯域が違うのです。



日本人は500~1000Hz前後の音声
(母音がメイン)に対しよく
反応(聞き取れる)します。



ところが、英語には2,000Hz~10,000Hz
までの音(子音)が沢山入っています。



つまり、もともと英語は日本人には聴き
取りにくい言語であるということです。



日本語は常時(子音+母音)で発音されます。



子音は弱く曖昧に発音されるのに対し、
母音が強く長く発音されます。



そのため、日本人には母音ばかり聞き取る
癖があり、子音が聞こえにくいのです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)