高速音読で意識を強制集中させる by 鹿島アントラーズ 浜名湖競艇 しゃばけ



高速音読で意識を強制集中させる

普通の音読でも、反復を続ければ、
意識の壁に井戸を掘り、記憶のプール
(潜在意識)に達する
ことは可能ですが、時間がかかります。



 それは、通常の速度で読んだ場合には
脳の処理能力に余裕があるため、
外部の音や光などの刺激に反応したり、
他の事を考えたりしてしまい、
集中力が低下するためです。



高速音読・高速暗唱の場合ですと、
強制的に意識が集中されますので、
効率良く、潜在意識・記憶のプール
に井戸が掘れるというわけです。



通常速度の音読を街中ドライバー、
高速音読をF1ドライバーに例えます
と良くわかります。



街中ドライバーは低速運転なので、
歩行者やその他景色を見る余裕があり、
そちらに気を取られることもあります
し、信号、踏み切りなどで結局時間が
かかります。



これに対し、F1ドライバーは高速
運転なので道路の先に集中せざるを
得ず、いわば真剣運転です。
わき見する余裕などありません。



そうしないとよそみしていたら
大参事になってしまいますからね。



通常の学習ではこのような超集中状態
でやることはないと思いますが、
高速音読・高速暗唱はその超集中状態
を強制的につくり、学習効果を劇的に上げる
ことができるのです。




英会話・ぜったい・音読 【続・入門編】 (CDブック)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0