テーマ: 英語

高周波音に対する感度を高くする

高周波音に対する感度を高くする 日本語に無い発音を大人になってから 耳で聞いて習得するには前述したよう に高周波を聴き取る能力が劣ってしま っているので、非常に難しいと思います (個人差はあります)。 発音はほとんど、1.口の形 2.舌の位置 で決まってきますので、これを視覚的に覚え て発音練…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外国語教育は幼児から始めるべき

外国語教育は幼児から始めた方が良い 耳から入った音は空気振動として、まず鼓膜が振動し、耳小 骨で増幅され内耳の蝸牛に伝えられます。高音には蝸牛の入 口の聴細胞が反応し、低音には奥の方の聴細胞が反応します。 つまり、音の周波数によって反応する聴細胞が異なるのです。 聴細胞は脳に信号を送り、脳は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耳の細胞の周波数特性と「モスキート音」

耳の細胞の周波数特性と「モスキート音」 さらに、若者だけに聞こえる『モスキート音』 というものがあり ます。 これは周波数17,000Hzの音で、統計的に10代 までの若者にしか 聴き取れない周波数の音です。 そのため、teenager向けの携帯着信音や(マナー向 上に役立っています)、コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全能耳を持つ赤ちゃん

全能耳を持つ赤ちゃん 日本人にとって高周波の音(子音)は、 あまり使わない領域なので、 実際に耳に 入ってきても、無意識のうちに耳(正確に は脳)が自動的に フィルターがかかった ように排除してしまっているのです。 実際に、大人に類似した違う音の子音を聞 かせても脳のシナプスは同じ反応を示し、 区…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語耳と日本語

英語耳とか日本語耳という言葉を 聞いたことがあると思います。 英語、日本語それぞれを周波数を 横軸に取って比較すると、使って いる周波数帯域が違うのです。 日本人は500~1000Hz前後の音声 (母音がメイン)に対しよく 反応(聞き取れる)します。 ところが、英語には2,000Hz~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more