テーマ:スーパーメモリー

スーパーラーニング・システムの実績 

ケイセド博士は主に日本の禅とインドのラージャ・ヨガを18年間研究し、 画期的な学習法、記憶法のソフロロジー・システムを完成させました。 その後ソフロロジーは普通の人々の記憶力、学習能力を飛躍的に向上 させたばかりでなく、学習能力欠如の子供達の知能指数アップ、や非行 少年の社会復帰に目を見張る成果をあげました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳を鍛える能力開発法の共通項

ケイセド博士のソフロロジーはまず医学分野に応用されました。 胃腸障害などの消化器系疾患、赤面症、学習障害、ノイローゼ などの精神性疾患、さらには妊婦の精神的・肉体的苦痛の緩和 など多岐に渡っていました。 その技法はヨガ行者の呼吸法、催眠術の暗示をべースにしたもので、 これは他の能力開発法と同じ仕組みです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳を鍛えるスーパーメモリーのシンクロニシティー

ロザノフ博士と同じような能力開発法が世界のあちこちで誕生しました。 その一つがL・A・ケイセド博士のソフロロジーという能力開発システムです。 ソフロロジーとは、ギリシャ語から創られた造語で(意識の調和を図る学問)の意です。 ケイセド博士はスペイン、マドリード大学で医学の研究をしていましたが、 当初から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳を鍛えるヨガ行者の記憶法

ロザノフ博士のスーパーメモリーは博士が一 から発明開発したものではありません。 その技法はすでにヨガの行者達により実践されていたのです。 ヨガの行者がどうしてこのような記憶法を発展させてきたのか? それはヨガには膨大な量の聖典があり災害などでそれらが全て 失われたとしても行者が一人生き残りさえす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辛い受験勉強を楽にする妙薬

ペンフィールド博士の実験から、スーパーメモリーというのは、 記憶力増進という事ではなく、記憶を脳細胞から意識上に引 き出す技術だということになるわけです。 これまであったような語呂合わせ記憶術や連想記憶法とは一線をかくすものです。 これらの記憶術は既知の知識や単語とリンクさせ、 語感、イメージで記憶するというも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日1000語を記憶した具体的方法

1日で1000語の未知の仏語を覚えたその方法とは 一体どないな方法やったんでっしゃろか? その詳しい報告がされとりまんねん。 ゆったりとしたソファに深々と腰掛け、 目を閉じ、BGMには荘厳なバロック音楽が流されとる。 ほんで、被験者が十分にリラックスしたトコロで、 フランス語の単語、慣用句、短文を読み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1日1000の単語を記憶した!!

1960年代半ば、ブルガリアの首都ソフィアにある 某研究所でスーパーメモリーの実験が実施されました。 被実験者は22歳から60歳の老若男女混合チーム。 結果は1日でなんと1000語の未知の 仏語単語を記憶してしまったのです。 被検者は、研究者ばかりだったのでIQは若干高めであった だろうことは想像に難…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more