テーマ:音読

高周波音に対する感度を高くする

高周波音に対する感度を高くする 日本語に無い発音を大人になってから 耳で聞いて習得するには前述したよう に高周波を聴き取る能力が劣ってしま っているので、非常に難しいと思います (個人差はあります)。 発音はほとんど、1.口の形 2.舌の位置 で決まってきますので、これを視覚的に覚え て発音練…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外国語教育は幼児から始めるべき

外国語教育は幼児から始めた方が良い 耳から入った音は空気振動として、まず鼓膜が振動し、耳小 骨で増幅され内耳の蝸牛に伝えられます。高音には蝸牛の入 口の聴細胞が反応し、低音には奥の方の聴細胞が反応します。 つまり、音の周波数によって反応する聴細胞が異なるのです。 聴細胞は脳に信号を送り、脳は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高速反復は他の様々な技術習得にも有効である

高速反復という練習法は、様々な技術習得にも有効です。 柔道でもある技を、最初ゆっくりと基本型を覚え、 その後、高速で反復練習することにより、潜在意 識の中にその型(脳と体の神経)が形成され、 いちいち考えることなく、体が技を繰り出せる ようになるわけです。 女性向けの護身術教室などに通って、技…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外国語習得には、高速音読・高速暗唱が最適。

外国語習得にも、高速音読・高速暗唱が最適です。 ただし、土台である正しい発音でやらないと、 通じないものになってしまいますので、注意が 必要です。 今は様々な機能が付いた、学習機器が売られ ています。自己流発音ではなく、ネイティブ の発音を毎回お手本にして、高速音読・高速 暗唱を繰り返すことが重…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高速音読と高速暗唱どちらがいい? by 仁科亜希子 寄居虫 ドラクエ4 湯湯婆

高速音読と高速暗唱どちらがいい? さて、高速音読と高速暗唱どち らが優れているでしょうか?? 答えは圧倒的に高速暗唱が優れています。 高速暗唱のほうが何十倍も集中力を必要 とし、前頭葉に血液が流れ活性化されるからです。 高速暗唱ができた時、その内容が反射的に、 意識せずに(左脳に邪魔され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高速音読で意識を強制集中させる by 鹿島アントラーズ 浜名湖競艇 しゃばけ

高速音読で意識を強制集中させる 普通の音読でも、反復を続ければ、 意識の壁に井戸を掘り、記憶のプール (潜在意識)に達する ことは可能ですが、時間がかかります。  それは、通常の速度で読んだ場合には 脳の処理能力に余裕があるため、 外部の音や光などの刺激に反応したり、 他の事を考えたりしてしまい、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

潜在意識と音読  音読で潜在意識を変える by 三浦春馬 益若つばさ マクドナルドクーポン券

潜在意識と音読 フロイトが見つけた潜在意識はよく氷山や海など に喩えられますが、今日は砂漠に喩えてみましょう。 砂漠に降る雨が記憶情報と考えてください。 砂漠に雨が降ると、砂にどんどんしみ込んで、 地下に溜まります。 そしてこの地下のプールが潜在意識です。 砂漠の上が顕在意識で砂が意識の壁です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

右脳を活性化する高速音読、高速暗唱 by 濱田家

右脳を活性化する高速音読、高速暗唱 右脳記憶するには高速音読、高速暗唱がよいとされて います。 実際には脳は体験したことを全て記憶しています。 忘れているのではなく、思い出せないだけ なのです。 アウトプット(音読)を繰り返せばその部分が 即イメージなり、言葉に出るようになります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音読のスピードアップとイメージング by 蛇にピアス ニュース

音読のスピードアップとイメージング 音読はただ漫然と読んでも効果ありますが、 さらに効果を上げるには、ストーリーを イメージし、抑揚をつけて読むことです。 これはイメージする脳の働きを使うことで、 さらに脳血流を上げる部位を増やす働きが あります。 さらに音読を繰り返していると、スピード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音読で能力開発する!! おネエMANS ひこにゃん 暴れん坊ママ もびっくり!!

音読 川島隆太東北大学教授の研究によりますと、 「音読」が認知症の予防・改善に非常に 有効であることが証明されています。 認知症の人は前頭葉の働きが悪く なって、血流量が低くなっています。 「音読」をすると前頭葉の血流が上昇 して、低下した脳機能がアップすると 考えられています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more